女優の名前が頭についてるタイトルの映画はB級の証!みたいな法則ありますよね!フェビーケイツのとかブルックシールズのとか!(なつい。。)

うちのDIGAは映画は全部録画して古いものから自動で消していくモードになってるんですが深夜にビール飲みながら「メグライアンの男と女の取扱説明書」を見てみました。

いかにもダメそうな邦題じゃないですか。それが意外にイケてた!


メグライアンは「トップガン」
とか「インナースペース」とか「恋人たちの予感」でウルトラキュートなアヒル口でブレイましたよね!

声もアヒル声で可愛い!この作品は2009年制作だからメグライアンは当時46歳、さすがに年を重ねて往年の輝きはないもののまだまだキュートに見えました。

共演はディモシーハットン!この人も久しぶりに見た感じがする!

メグライアンが愛人と駆け落ちしそうな夫をガムテープで縛り付けあたしたちあんなにラブラブだったじゃないのぉ〜と写真をスライドショーで見せながら口説き直すみたいな猟奇的な展開で面白いです。ナオミワッツの家族が監禁される映画をちょっと思い出す感じ。でもコメディテイストなので楽しいです。

話はほとんどトイレで進行するというウルトラ低予算ですが密室劇というのは脚本が練られているので楽しめます。

誘惑しなきゃと胸元を強調するサービスカットもあります。この作品がキャリア的に最後になってるウィキペディアとか見るとちょっと切ないです。。

メグライアンそういえば最近見てないなあ?ネットニュースで劣化したとかしか聞かないなあ?と思ってるアラフォーアラフィフの人は暇な時に見てください!

以上、日テレからお送りしました!

(659文字)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr