家族で「この世界の片隅に」を観て帰ってきたところであの戦争は70年前の話なんだよね、という流れから家系図の概念をパパが説明したんですね。

そしたら8歳のコータが「あ!わかった!ちょっとペン貸して!」と言って何やら書き足し始めたんです!


パパはコータから過去に向かって家系図を描いたんですね。そしたらシレッと自分の横に未来のお嫁さんとその下に子どもを書き足したんです!

パパとママは思わず「おおっ!そうそう!未来につながっていくんだよ!」と唸ってしまいました。

家族のちょっとした会話の中で記憶に残る瞬間というものがあります。今夜はとてもコータが大人びて見えました。子どもは親が思ってる以上にいろんなことを理解してるんだなと思いました。

以上、リビングからお送りしました!

(348文字)