Windowsは今や画面タッチが主流なので見ているブラウザ画面も自在にズームすることが出来ます。

Macの場合はタッチではないので別の方法で画面の注目点に誘導していく必要があります。その時のズーム機能の設定はこうするのがいいと思います。

設定>アクサシビリティ>ズーム機能
の上から2つめの「スクロールジェスチャと装飾キーを使ってズーム」をオンにします。
どのキーを使うかは「コントロール」「オプション」「コマンド」が使えるのお好みのキーで。
これでそのキーを押しながら2本指でタッチパッドを上下すると画面がズームします。

ZOOM2-j


さらに「その他のオプション」の中にある「拡大したときに画面イメージを移動」というのが重要です。ここは「ポインタが画面の中央付近にあるようにする」が収録系では見やすいと思います。これは操作するプレゼンターの好みにもよりますがいちばん直感的にズームしたあとに注目点も変えやすいと思いました。

ZOOM1-j

こうしたプレゼンテーションや収録で使うキーとタッチパッドの組合せはすぐに忘れてしまいそうなのでやはりテプラにしてどこかに貼っておきたいですね。(そんな簡単なこと忘れるなよ!)

以上、ガーデンコートからお送りしました。

(541文字)