ツカパー101でスナックごっこをするために神保町ジャニスでシコシコとCDを借りてiPod nonoに入れてるんですがそこで気付いたことがあります。

1950年代、1960年代、1970年代、1980年代のプレイリストにまとめてるんですが1950年代というのは戦前の延長の香りがするんです。唱歌みたいな感じでモノラル音源みたいな。1960年代は昭和歌謡が立ち上がって来る感じと懐かしくてほっこりする感じがあります。1980年代は曲がどんどん多様化してくるのでプレイリストで聴いてるとちょっと疲れるんですね。自分が原体験として聴いていたというのもあって。

そういう意味では1970年代がもっとも一般的に言うところの「昭和歌謡」のムードが滲み出てて聴きやすいです。ある一定のトーンでまとまってる感があるんですよね。オーケストラの感じとかむせびなくギターや独特のベースの感じとか。

実際に自分が聴いて育った曲より10年くらい前がほどよいノスタルジーという気がします。

以上、iPod nanoからお送りしました!

(466文字)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr