マルチカメラ収録&配信ユニット LiveNinjaの川井です!機材車としてのタクシーのコスパは最高です!駐車料金もかからず時間の節約にもなります。

ただしトランク容量の大きなクラウンコンフォートに限ります!


ひとりでマルチカメラ収録&配信をするための機材はすべてクラウンコンフォートのトランクを基準に設計しています。


完全にフラットにおりたためる台車。その上に数秒で配信ブースを作れるキャンプ用の折りたたみラック。あらゆる機材を格納するペリカンケース。ケーブルや電源タップなどを収納するカゴ。業務用カメラを 1台と民生カメラ4台を収納するカメラケース。スイッチャーと収録レコーダー、制御パソコンを収納する大工道具ケース。そして三脚です。

上の3つは助手席に。その他はクラウンコンフォートのトランクに入れます。

こうして都市部での機動性とパフォーマンスを最大化することで現場入りから店開きの時間を1時間に短縮することが出来ます。機材車を持たないことで軽量化、小容量化の工夫が進むのです。

小さな機材で最大の成果を。これがLiveNinjaのポリシーです。

以上、クラウンコンフォートからお送りしました!

(517文字)

このエントリーをはてなブックマークに追加