P1680863

実家にある家族のアルバム。ドサッと何十冊もある人もちょこっとしかない人もいつかはスキャンしたいと思っていませんか? 私もそうでした。でもコピー機みたいなスキャナーを使っても昭和のアルバムは分厚くて大きいし真ん中がうまくスキャンできなかったりします。じゃあいいレンズと一眼レフのマクロ接写でパシャパシャ撮っちゃえばいいや! と思ってやってみると、写真そのものやアルバムのビニールのテカリでなかなか上手くいきません。商品撮影用の照明を準備しないと、アルバムの中の写真って綺麗に撮れないんですね! そんな家族アルバムを「そのまま、ビニールの上からスキャンしちゃおう!」というのが、PFUの「omoidori PD-AS01」なんです。

……が、最初に見た時びっくりしました! これスキャナーが入ってないんですね! 説明書には“お持ちのiPhone5か6をここにはめ込んでスキャンしてね!”って書いてあります。なんたる商品! 心臓部がない! じゃあこの商品は何をしてくれるのかというと「暗室」なんです。ちょっと往年のポラロイドカメラみたいな感じでパカっと開くと三角形のテント型になり、その窪みにiPhoneを入れると「暗室型スキャナー」の完成、というわけです。

「omoidori」の専用アプリ(無料)をAppストアからダウンロードしたら準備完了! ……ん? BluetoothとかWiFiでiPhoneと「omoidori」をひも付けをしないのにどうやって動作するんだ? と半信半疑なまま古いアルバムの写真の上に置いてアプリのスキャンボタンを押してみました。するとカシャカシャと連写する音がして見事にアルバムのビニールで封印されていた古い写真がiPhoneのカメラロールにスキャンされるじゃありませんか! なに?なに? これどうなってるの? と取り上げて中を覗きながらスキャンボタンを押したら「omoidori」の仕組みがわかりました! なんとこの「omoidori」は、iPhoneのカメラのフラッシュを光らせるとそれと連動して中のLEDも同時に光るんです!(続きはこちらで!)