テレビ東京の池上彰選挙特番は毎回大きな反響を呼びます。「視聴者の聞きたい事を聞くだけですから!」と番組中で
も話す池上彰氏が安倍首相に改憲について詰め寄ります。


谷垣幹事長にも野党時代の改憲草案について斬り込みます。


この番組で特徴的なのがすべて生中継で繋がってるものの池上氏は聞きたいことだけ聞いたらありがとうございました!とあっさり中継を終わらせることです。

相手がしゃべりたいことを最初から封じている。この手法はスゴいと思います。

これを見てしまうと他局のやってるご機嫌を伺うような中継が生ぬるく見えてしまいます。相手が不機嫌になるような質問をズバズバする池上節に視聴者はカタルシスを感じ惹きつけられます。

さらに逆に相手を中継に付き合わせる手法も使っていました。それがこの野党の党首の同時5元中継のシーンです。


ここでは各政党が1分ほど池上氏と話すんですがなんとこの画面レイアウトのまま出番を待っている党首も終わった党首も付き合わされるんです。他の党首と話してる時の表情をあえてみせている。すごいディレクションです。

もちろん公明党の支持母体である創価学会にも斬り込みます。


池田大作氏は最近公の場で姿を見ないが元気なのか?と信濃町まで乗り込んで質問するというスゴさ!


自民党の支持母体の日本会議も取材!


民進党の支持母体の連合も取材!


個人的にはアメリカの選挙風に支持者を自分の背景に配置した渡辺氏が絵的に浮いていたのが印象的でした。


こんなに面白い番組作れるならゴールデンタイムのニュース番組もこのチームとキャストで作ればいいのに!テレビ東京は!

以上、東京のローカル局からお送りしました!

(711文字)


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr