週末は子どものプールの付き添いがあるのでその間にフジヤカメラを偵察するのが日課となっています。

狙うは中古のマイクロフォーサーズのレンズとボディです。2016年7月の相場としては「フジヤカメラで中古のGM1が1.6万、GM5が2.5万、GH3が4.8万、GH4が7.9万」というところです。



写真だけ撮るならGMシリーズが安くてオススメです。うちはライブ配信用にHDMIのスルー信号が出せるGH2を使っているのですが現役です。カメラとしては古いけどHDMIスルー信号だけを使うならセンサーしか使っていないので充分なんです。ただし録画するとなると別です。4Kはおろか2Kでもビットレートが低いAVCHDでしか撮れません。このあたりGH4にリプレイスしたいところです。

いま業務用の4Kカメラというのは40万から60万くらいがプライスレンジなんですね。この金額で1台の勝負カメラを買うより中古のGH4を4台買ってGH2をリプレイスしたいと思ってます。4台買っても32万くらいですからね。7万台前半に落ちてきたら買い時かな?と思って偵察中です。ちなみにGH4というのは一眼レフ型ながら中身はビデオカメラなんですね。1時間でも2時間でも回せる。他にも動画を強化した一眼レフたくさんありますけど長時間回すと熱暴走するとかそもそも20分しか撮れないとか基本的な性能を出せてないものが多いので動画をマイクロフォーサーズで撮るならGH4が圧倒的な評価とコスパなんです。

ブログ用の写真に1.6万のGM1も持っているんですがシャッターボタンが撮れてしまって接着剤でくっつけたらつけすぎてしまいシャッターボタンが固まってしまいました。アホでしょ?じゃあタッチシャッターにすればいいか?と思ったら電源ボタンごと固まってしまったという状態。修理に出すと作業料入れば2万を超えるだろうな?と思うと1.6万の中古をもう1台買ったほうがいいなと思いました。でも黒しかないことが多くせっかく買い直すならGM1Sのブルーにしたいんです。見つけたら即ゲットしてやる!

以上、フジヤカメラからお送りしました。
(898文字)