仕事部屋の液晶をアームで浮かせてみました!こんな感じ!


Amazonで安いツイン液晶アームがあったので買ったのですが届くサイズはこんな感じ!


中に部品が入ってます。組み立ては簡単です。


耐荷重は2台で14キロまで。うちの液晶はフィリップスの4Kモニター2015年モデルが5.2キロ、DELLの2012年モデルが8.1キロだからギリギリ大丈夫!なはず!

液晶モニターも新しいモデルのほうが軽いから数年ごとに買い換えたいですね。


足の部分はかなりどっしりしてます。


アームは2軸で高さは液晶をつける前に固定する必要があります。液晶をつけたら上下には動きません。アームの肘を曲げることで左右の位置を変えます。液晶部分は縦に回転させることも出来ます。


これがアームをつける前の状態です。


アームを机に取り付けたところ。この左右のアームは刺してあるだけなので取り外して液晶を取り付けまた戻します。



これが完成したレイアウト!液晶と液晶をぴったりさせようとすると肘を曲げないといけないので手前にせり出してきます。壁にぴったりさせるには向いてないアームかもしれません。

背面にスペースがあると肘を曲げて両方の液晶を平面にして並べることが出来ます。

液晶アームはその人のレイアウトイメージや部屋の構造によってオススメが変わってくるのでこれ最高だよ!とは言いにくいですが9980円という値段の割にはしっかりしてたのでよしとします!

以上、仕事部屋からお送りしました!

(659文字)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr