4Kで商店街や路地を擬似空撮で記録!にハマっているヒマナイヌ川井です。

これだいたい1カット8分から10分なんですがZ-AXIS付きのOSMOを一脚の先に付けてぶらさないようにASIMOのように腰を落としてそろーりそろーり歩くんですよ!かなり間抜けですけどね!

そのおかげでこの人は何か信念があって棒持ってゆっくり歩いてるに違いない!と通行人が道をあけてくれるんですよ。まるでモーゼの十戒のようにね!

外国人観光客は自撮り棒の延長だな?とすぐ気づいてOSMOに向かって手を振ってくれたりするんです。でもOSMOはかなり前方を捉えてるからその手を振るところが大抵フレームの外なんです。惜しい!

擬似空撮は趣味としては実に楽しいです!撮り終わってすぐに路上でプレビューするんですが露出やカメラの動きが上手くいってるとやった!と思いますし朝起きて天気がいいと、おーし!今日のランチどきはどこを擬似空撮しようかな?なんて思うようになりました。

数年前にハマったタイムラプスも毎日のようにいろんな出来事を撮ってました。Facebookに100本くらい上げたあたりから、川井さん?最近タイムラプスやってる?と言われるようになりました。毎日発信しても100日かかるんです!それやってる!って認識されるまで。

だからきっと擬似空撮も秋ぐらいになったら、川井さん?擬似空撮ってやってるの?うちの街にも撮りに来てよ!って言われるかもしれない!

だから天気が良くてランチタイムに仕事入ってなかったら今年は毎日擬似空撮しますよ!まずは商店街や山手線の駅前を制覇!そのあとは地方や海外に!

流しの擬似空撮師として世界を旅するのが今年の目標です!(今決めた)

以上、中央線からお送りしました!

(781文字)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr