マルチカメラ収録&配信の仕事の場合はスイッチャー周りの機材をうちが出して現場でカメラマンやテクニカルのスタッフが使うという場面も多いんですね!

そんな時に機材がどこに入ってるか一目瞭然に整理しておくことが大切なんです。そこで新しく機材ケースに帯ストライプを採用することにしました!


これが帯ストライプです!


今まではこうでした。


赤はどんな現場でも絶対に使う機材を意味しています。これは忘れ物防止も兼ねており会社に赤いストライプが残っていたらヤバいわけです。


スイッチャーであるATEM 1M/Eのケースにはこれらの赤いストライプ機材を一緒に入れておきます。


赤以外は現場の状況によって使う物です。緑は音響機材、黄色は映像機材、白はネットワーク機材です。配信のないマルチカメラ収録の現場なら白い機材は置いていけばいいわけです。



こうして色分けすると中に入ってる機材のジャンルをテプラの文字を読む前に判断できるので機材パッキングも早くなります!

日々のメンテナンスが何が起こるかわからない現場でのミスをなくす!

以上、LiveNinjaの機材庫からお送りしました!

(506文字)