料理を始めて2カ月くらいですが、キッチン周りの調味料の定番がだいたい決まってきました。

まずオイルはサラダ、ピュアオリーブ、バージンオイル、ごま、アマニです。


ピュアとバージンはかなり違います。スキレット料理にはサラッとしたピュア(2番搾り)を、パンやサラダにかけるのは風味の強いバージンオイル(1番搾り)という具合です。

スーパーではバージンオイルばかりでピュアを置いてないところも多いです。

ちなみにこのオイル瓶はフランフランで売ってます。片手で蓋をはずして戻せるのが気に入ってます。

調味料は塩こしょう便利ですね。100円ローソンで売ってます。料理用カレーは風味が弱いのでカレー粉も使った方がいいです。ガーリックソルトはテスト中。


緑系のパウダーはパクチーとパセリをよく使います。肉料理の仕上げに振りかけると見た目も華やかに見えますね!

上に貼ってあるテプラはキッチンのIHや魚グリル、オーブンレンジの出力仕様。これを確認して使ってみるとオーブンレンジより魚グリルの方が早くパワフルにグリルできることがわかりました。

結局オーブンレンジはあたためと解凍にしか使っていません。水蒸気を使ったスチーム調理もっと上手に使えるようになりたい。それにしてもオーブンレンジの説明書って2色刷りとかでレシピ載ってても全然食欲湧かないよねぇ。。


こっちの棚はまだなんとなくぼんやりしてます。バター風味しょうゆはパッケージのイメージほど美味しくないです。人工的なバター風味でイマイチ。だからあまり減りません。

ナンプラーとかも買ってみたもののエスニック料理はなかなか作らないので出番がありません。フォーとか作ろうかな?

料理をしながら自分なりの定番が決まっていくのは面白いですね。道具と同じでテストを繰り返して自分のスタイルと相性がよくていつでも売ってる店を覚えるのが大切!

以上、キッチンからお送りしました!

(826文字)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr