リビングにiPad Air2を置いて1週間になります。

ただのでかいiPhoneだと思っていたiPadですがいつもポケットに入ってるスマホと違って鉄腕アームで宙に浮いてると違った感じです。

個人が使うスマホに対して家族みんなで使うタブレット!

つまりパーソナルではなくパブリックなわけです。だからアプリも傾向が全然違います。

いつも表示されてるけど手で操作していない時間が多いタブレット。だからスクリーンセーバー的な、オーディオ的な、そんなアプリが重宝されます。

うちのベスト4のタブレットアプリは「おもいでばこ」「AbemaTV」「Yahooニュース」「Amazonミュージック」です。

家族の写真をランダムなスライドショーにしておける「おもいでばこ」はちょっとした会話のきっかけになります。

ニュースを24時間365日やっている「AbemaTV」は内容はまだまだなんですが世の中と繋がってる感が出てきます。

電車のドア上のトレインチャンネルに近い静止画と文字によるニュースのスライドショーモードがある「Yahoo!ニュース」はタブレットを家庭内デジタルサイネージとして使えます。ただし更新間隔が遅すぎて不満はあります。

流れてる曲にいいね!していくと好みの選曲に変わっていくパンドラっぽいインターネットラジオである「Amazonミュージック」のAmazonプライムラジオは家庭内ジュークボックスとして音楽教育にも最適です。日本の歌謡曲や映画音楽は曲数や幅が少なすぎますがあちゃらのポップスやジャズは比較的充実しています。これを使ってをするのがマイブームです。インスピレーションお絵描きをするのがマイブームです。

こうした操作していない時に情報やおもいでや音楽を再生するアプリを使うことでホーム画面はほとんど見えません。そうするとiPad!というより家庭内の情報キオスクに見えてくるんですね。

だからホームボタン長押しで「今日の天気は?」とか「インドの人口は?」みたいな検索を家族が積極的にするようになりました。かなりロボットに近い接し方だと思います。

Siriもスマホだとクルマに乗ってる時間が多い人じゃないと口に出して検索するの恥ずかしいじゃないですか?でもリビングならSiriがちょうどいいんですよね!

だからiPad Air2がリビングにやってきて家族のITスキルがグッと上がった感じがします。

タブレットはカバンの中に入れておいてもただの重い板!ぜひリビングのテーブルに浮かせて設置してみて下さい!すごく便利です!

こうした家庭内サイネージとしてのアプリはこれからどんどん掘っていこうと思います!

以上、リビングからお送りしました!

(1305文字)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr