よくぞ聞いてくれた!!

確かに週刊文春は世の中をひっくり返す、というかかき回すようなスクープ連発してるけど不倫現場抑えてマスメディアがそれに追随してストレス溜まってる人がネットで叩きまくるパターンもううんざりだよね!

中2レポーターが果敢に切り込みます!

それがこの質問!


これはじまったばかりのAbemaTVの報道番組の中の特集です。

中2といえば誰もが自分の黒歴史を思い出しそわそわする年代!

子供以上、大人未満の中2をあえてレポーターにして社会問題に切り込んでいくという地上波では出来なさそうな企画!

これは良い子のためのNHKの「週刊こどもニュース」とは違って予定調和で終わらない感じがそわそわします!

しかも最初の取材先はSMAP、ベッキー、育休ゲス不倫など今年に入ってスクープ連発のセンテンススプリング!

AbemaTVの特徴はVTRの残り時間がカウントダウンされるというもの。テレビにありがちなスタジオのコメンテーターのしたり顔ワイプもなくて好感が持てます。

顔にボカしかかってるけどこのおっさんが最近の一連のスクープを連発してる敏腕記者だそうです。きっとこの人は不倫とも無縁の品行方正な方なのでしょう!(棒読み)

スクープは垂れ込み情報から始まる!

刑事のように尾行し

現場を隠しカメラで抑える!

ホテルに入るところまで尾行しそこで張り込む!雑誌を売らんがための執念凄まじいですね!

ホテルの電気が消えるのを確認してさらに続ける!

朝まで出てこなければ文春の勝ち!

眠い目をこすりながらあんパンでも食べているのでしょうか?

そんな一連の現場の苦労話を聞いた中2レポーターが放った質問がこれ!

「スクープで人を不幸にして楽しいですか?」



デスクの女性は少しギョッとした表情を浮かべながら言葉を繋ぎます。

「雑誌が売れたら楽しいですけど」

「人が不幸になることは楽しいと思ってない」

?????意味がわかんねぇーーー!!!

そこにぽっちゃりした女の子レポーターがさらに質問します!

「やり過ぎだと思わないんですか?」

「ここまでならやり過ぎじゃないと思う」

ここまでってどこまでなんだ??

でも最後は優等生的なコメントで締め!

「情報の重みを大切にしようと思った」

いやー!やりますね!!この番組!スタッフも凄いと思う!


番組はテレビ朝日が制作を担当してるようです。しばらく見てて思ったのが若くて自由なムード!

それは地上波が窮屈になって面白くないと思い始めたスタッフが今までに出来ないことをドカーンとネットTVにぶつけてきている感じ!

まだ地上波に比べたら影響力は小さいけどテレビスタッフが本気で面白がりながらネット向けの報道番組を作り始めてるから何かが起こるかもしれない!!

そんな予感がしました。

以上、AbemaTVからお送りしました!

それにしてもアベマって覚えにくいよね。政権が変わったら名前変わるわけじゃないよね?w

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr