おいおいおいおい!!!!!!なんだよ!!!これ!!!




このブログでは真っ先に「よくやった!痛快だ!」と絶賛して紹介し、またたくまに1.4万いいね!を獲得。のべ13万人以上の人が記事経由でCMに触れた手前、今回のことについては書かねばなるまい!!

【3/30の放送開始日に書いた記事】
カップヌードルがまたやった!矢口真里・新垣隆・ビートたけし共演の痛快CM!

今回の放送中止というニュースでは2つのことに落胆した。

1つめは、炎上することがわかって風刺の効いたCM企画を通しておきながら実際にクレームが殺到するとひっこめるという腰砕けっぷり。だったら最初からやるな!ということになる。記事で絶賛したのもこんなギリギリの表現を企画として絵コンテとしてCMとしてよく通したな!という点だった。クレームが来てみなさんを不快にさせてすいませんでしたなんてもう本当にがっかりとしかいいようがない。

2つめは、オンエアーを中止しただけではなくWebにある動画まで引っ込めたこと。テレビは見たくもない人にCMが触れるメディアだがWebは違う。クリックなりタップなり意図的なアクションがないとそこに到達できないメディアだ。そのまま置いておけばいいじゃないか!放送中止で話題になりアクセスも殺到するだろうになかったことにしようという腰砕けっぷり。オンエアーだけでなくCM自体をお蔵入りにされたらあれを絶賛した俺たちの気持ちの行きどころがない!!議論にもならないじゃないか!

100点!と評価したのに今回の騒動で0点。いや、マイナス100点の印象を作ったカップヌードル。

歩きスマホを想起させるから小学校から二宮金次郎像を撤去しましたなんてニュースが流れているニッポン。政治や社会問題に声を上げずに他人の不倫騒動を厳しく断罪していくニッポン人。それをみんな報道してるからと面白おかしく取り上げるマスメディア。

そこに「バカやろう!」と切り込んだら「バカやめろ!」と言われ「悪ふざけが過ぎました!すいませんっ!!!」と大企業が謝罪するという展開。もうね、なんだろうね、悲しいね。。

以上、カップヌードル事件からお送りしました!

(903文字)