古本を見ていてハッとしたんですがキネマ旬報のベスト10って戦時中もやってたんですね!

戦意高揚映画がズラリと並んでるけど終戦の年からガラリと並びが変わるというのが興味深いところです。



ベスト10に入っていても今はあまり見返されない作品もあれば未だに新文芸坐なんかで上映される作品もあります。

映像考古学では終戦以降、高度成長期直前あたりを掘るのが面白いと思っているのでAmazonプライムビデオを駆使しながらその時代の邦画をすきあらば見ていきたいと思います。

以上、古本からお送りしました!

(258文字)