HDMI切替器って店頭に見に行くほどの機器でもないし詳しく調べるのも手間だけ面倒なテンション上がらない隙間製品ですよね?

Amazonでテキトーにポチポチしながら安いからこれでいいやって頼んでみました。5系統HDMI切替器です。



うちはワイヤレスAQUOSを壁掛けにしているんですがこれ本体にHDMIがひとつしかないんです。

そこでApple TVやおもいでばことの切替はこれまでソニーのワイヤレスドルビーヘッドホンの送信機部分を使っていました。


白いおもいでばこの左にあるのがそのユニットなんですが、ソースに切り替えて電源を消すとテレビに音が出るんです。

もともとワイヤレスヘッドホンに送信するユニットだから正しい挙動なんですがHDMI切替器として使ってると電源を入れて入力を切り替え電源を切るという謎のフローになってしまうわけです。


これを解決するためにメイドインチャイナの5系統HDMI切替器を買いました。5系統もあれば足りるかというのもあるし5250円と安かったんですよね。


スペックはこんな感じ。5系統の入力があり本体のボタンかリモコンで1系統の出力に切り替えるというものです。5系統あればディスクレコーダー(テレビ)、おもいでばこ、Apple TV、chromecastでをつなげてもまだ余る!


背面は電源コネクタと6つの入出力HDMIが並んでいます。


これ本体が薄くて小さいです。端子の面積しかない感じ。機器の隙間に設置できるのがいいですね。


正面はHDMI5の入力とインジゲーターと入力切替のボタン。それに赤外線リモコンの端子とメンテナンス用のミニUSB端子です。


パッとつなげる前面にも入力HDMIがあるのがいいですね!インプットボタンは押すたびに変わりますが入力信号がない端子は飛ばしてくれる仕様です。これはありがたい。


赤外線の受光部はコードで正面から引き出すタイプです。なんか懐かしいな!こういう端子はスカパーのチューナーと連動させるビデオデッキなんかによくついてましたよね!

本体はラックの中に入れてもこの赤外線リモコンの受光部だけ出しておけば切り替えられるわけです。


リモコンはカード型のペラペラなタイプです。CR2025で動きます。

本体はボタンが1個しかないけどリモコンは5入力のダイレクト選択が出来ます。右下の矢印ボタンは本体と同じトグルボタンで押すたびに次の入力に切り替えます。ここでは本体とは違って入力がない端子にも切り替わります。


ラックに入れたら小さいのでスッキリ!存在感がなくていい感じです。


安かったけど必要十分な機能で気に入りました!

以上、リビングからお送りしました!

(1104文字)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr