パナソニックのFZ1000は5万円とコンデジな価格なのに撮れる絵は一眼もびっくりの高倍率ズーム!



もちろん画質はフルサイズ一眼に遠く及びません。でも充分ですよ!

なによりこのカメラのスゴいことは片手で24mmから400mmまでを自在に操れることです!

なぜか?

シャッターボタンの下に電動ズームのレバーがあるからです!

フルサイズの400mmレンズを想像してください。デカイし両手を使わないとズーム出来ませんよね?引いても24mmになりませんよね?

FZ1000はそれが出来ます!

しかもカフェのテーブルに置いてもレンズが沈胴式だから威圧感がない。


うちのFZ1000には三脚穴に速写ストラップをつけています。斜めがけにしてサッと撮るためです。これがついてるとテーブルに下向きに置けなくなるので横にして置きます。


こうするとグリップが上になるのでサッと持てるんです。


グリップを持った瞬間にダイヤル式の電源ボタンをオンにします。



そのままファインダーを目にあてて構えながらシャッターボタンにあるレバーで自分の切り取りたい画角にズームします。サイレントシャッターでシュっと撮ります。(音しないっーの)


撮りたいと思ってから撮り終わるまで5秒です。このワンハンドでなんでも撮れる速さがFZ1000の良さなんです!

ファインダーと電動ズームがなくてはアングルをサッと決められないし、コンデジでなければ24mmから400mmを1本でカバーするのは不可能ですからね。

画質より速写性がライフロガーには重要!

それが僕がFZ1000を使い続ける理由です。

以上、よーじやカフェからお送りしました!

(694文字)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr