高円寺の高架下にある古本屋で見つけてジャケ買いしてしまいました。

1968年(昭和43年)発行の「新しい都市交通」です!


いい佇まいの背表紙、本棚にあると頭良さそうに見えます!もちろん気のせいです。


奥ゆかしいフォントとデザインもいい!


目次はこんな感じ!1968年というと東京オリンピックも終わり次は1970年の大阪万博だ!と日本が盛り上がっていた頃。

この本は各国の先進事例や過去の都市計画を紐解き、これからの都市におけるモビリティを考察している本です。


これなんか先進的なコンベアーシステムの写真なんだけど、まんま今のAmazon倉庫と言ってもいいですよね!


パンナムのビル屋上から空港行きのシャトルヘリが離陸する写真!

くぅーー!今より逆に未来的に見える!

パンナムと言えば「兼高かおる世界の旅」、エールフランスと言えば「アタック25」、羊は「ミユキ」の世代です!(幼少期にテレビで流れてました)


ゆりかめもみたいな新交通システムに下は上野のモノレール!

なんか南海ラピートみたいなデザインにも見えますね!


このモービルなんてブレードランナーに出てきても馴染みそうなシドミード感!いや、シドミードたったりしてね。


交通機関ごとの特性のまとめも手書きっぽくてステキです。


なんかスゴいグラフもあります。


これとかたまらんでしょう!

何の役に立つかわからないけど大学の講義で先生がOHPでプロジェクションしたら、ほほぅ〜みたいなムードになること間違いありません。

この本はまさかの200円でゲット!

僕が持ってるより都市計画やってる人が読んだ方が面白いと思うから、今度コーヒー奢ってくれたら譲りますよ!

以上、高円寺7つ森からお送りしました!

(704文字)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr