関根恵子を掘ることにしました!ムッハー!!

1970年生まれの私にとって関根恵子は「太陽にほえろ」に出てた人だな!くらいの記憶しかないのですがデビュー時の鮮烈さは「蛇とピアス」の吉高由里子の比ではありません!


「おさな妻」は17才の高校生が結婚して初夜を迎えるというのがクライマックスの映画!

それがクライマックスになるということに1970年代の時代背景を感じてたまりません!

レモンの香りがいっぱいって。。どんな香りなんだ!

学校の水飲み場でみかん入れに入っていたレモン石鹸みたいな匂いか?

デートする2人と花嫁姿!少女漫画のようなディゾルブ!

夜の逆光で魅せるヌードシーン!

キラキラしたクロスフィルター!


当時は10代での性交をジュニアセックスと言ったのでしょうか?



昭和の予告編フォントがたまりません!

これ見てみると途中から関根恵子がおおよそ高校生に見えなくて学校のシーンにコスプレ感漂ってくるんですが面白かったです!

関根恵子、美しい!惚れる!

Amazonプライムビデオにあるので会員なら無料で観られます。


映像考古学的には現在のヒカリエの東急文化会館前とか渋谷の西武あたりが出てきます。

今回は予告編の紹介ですがロケ地の解析も記事にしますのでお楽しみに!

以上、Amazonプライムビデオからお送りしました!

(522文字)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr