コンパクトな予算のマルチカメラ収録&配信で大活躍するのがキヤノンG10/20シリーズです。なぜか?

このシリーズにはピクチャープロファイルがあり「色の濃さ」「シャープネス」「コントラスト」「明るさ」を5段階で設定できます。



これにより他メーカーのカメラと色合いを合わせやすいんです。この日はマイクロフォーサーズに混ぜ込むために色の濃さと明るさをいじりました。

(液晶左の2つの赤いアサインボタンは元々は黒ですが視認性を上げるためにシールを貼ってます。)


そしてホワイトバランスのK値での設定が出来ること。さらにプリセット値を2つ記憶できること。

ここまで業務用カメラに近い設定項目を持っている民生ビデオカメラはありません。(あったら教えてください)

さらに変わりダネとしてはシネマモードというのがありミラーレス機などについているようなフィルター効果が使えます。

その中でもポップモードとモノクロモードは使えます。効果の強さも3段階で選べるので簡易なリアルタイムカラーコレクション的な使い方が出来るのです。

さらにズームコントロールの速度のきめ細かさはスゴイです。本体のズームレバーはストロークが無さ過ぎて操作性に難がありますがソニーやリーベックの有線リモコンズーマーをつけると業務機顔負けのズームが出来ます。

ズーム全域の速度調整だけではなくズームの開始と終わりの加速、減速の仕方まで細かく設定できます。

キヤノンのG10/20は中古でもかなり安くなっているので4台とかまとめ買いするののもオススメです。

以上、3331からお送りしました!

(772文字)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr