熊本電鉄で走っていたアオガエルが引退したというニュースを聞いたのでこの記事を書いています。

2016年現在、渋谷駅のハチ公前に緑のころんとしたムーミンみたいな電車がありますよね?あれが電車ファンにアオガエルという名称で親しまれている車両です。この車両は現在の東急田園都市線が開通する前に渋谷から三軒茶屋方面に走っていた東急玉川線で使われていた車両なんですね。

1938年 (昭和13年)、玉電ビル建設のため、玉電渋谷駅を道玄坂方向に後退した仮設駅に移設。建設に伴うくい打ちのため、山手線をくぐる隧道も使用不能となり、分断された天現寺線の運営を東京市に委託する。同年12月に東京高速鉄道(現・東京メトロ銀座線 )渋谷駅が仮設のような形で玉電ビル3階に設置され、続いて2階に玉電渋谷駅が移設される。時局の悪化のため、7階建てで設計された玉電ビルは3階までで建設を中止。戦後、1952年(昭和27年)から工事が再開され、東急東横店 西館となる。玉電渋谷駅の廃止時の位置は、現在の東急東横店西館から渋谷マークシティ の東端部分であり、ホームは対面式2面2線で一方は降車専用、もう一方は手前に下高井戸方面、前方に二子玉川方面と乗り場が分けられていた。なお、JR渋谷駅の「玉川口」「玉川改札」という名称は玉川線が走っていた当時の名残である。

こうしてWikiなどを読んでいると7階建てで設計された玉電ビルが時局の悪化で3階になりそれが現在の東急東横西館になったというあたり実に面白くまた別の興味も湧いてきますが、今日は玉電の勇姿にフォーカスを当ててみましょう。

YouTubeで8mmフィルムで撮ったと思われる貴重な玉電の記録映像があったのでご紹介したいと思います。


246を走る玉電がすれ違います!


渋谷駅のあたりでしょうか?イモムシみたいのがうろちょろしてるみたいでカワイイですね!


車両にもいろいろなカタチがあるようです。丸いのは愛されキャラですね!


渋谷駅のホームでしょうか?路面電車タイプだからホームはすごく低かったでしょうね!


さようなら玉電のヘッドプレートの花電車!こちらは四角い車両ですね。


通り過ぎるさよなら玉電!


最後の電車が出た後でしょうか?別れを惜しむように人々がホームから線路に降りるのが印象的な動画です。

音声なし動画(1分21秒)

(1017文字)

以上、YouTubeからお送りしました!