映像データも写真データもどんどん容量を食うようになって毎年HDDって増えていきますよねぇー!

PCにこれをどう接続して活用するか問題なんですが知人の映像クリエーターの人に話を聞いてそのやり方を真似ることにしました!


まずアンカーのUSB3.0の9ポートハブを用意します。まぁ、ポート数的にはこれだけあれば充分です。

 

次にUSB3.0ケーブルに1から9のシールを貼ってナンバリングします。それをアンカーのUSBハブに差し込みます。


HDDはビデオテープのように内容を白パーマセルに書き込みラベルとして貼ります。


USB3.0ケーブルのもう一方にも1から9の数字シールを貼ります。


これによりケーブルの3と3、6と6は両側から一目瞭然になります。

あとは使いたいHDDを差し込んでつかうだけ。最大9台のHDDを同時に使えますし30台ぐらいあっても抜き差しして使えばいいわけです。

この使い方の肝はすべてのHDDをビデオテープのように並べておくこと。これをUSB3.0ポートからパッチ盤のようにしてUSBケーブルを抜き差しするということです。

HDDの命名規則は人それぞれですが私の場合、容量_年号+内容にしてます。例えば3TB_2016_仕事みたいな感じです。こうすると少なくとも1年以上使うHDDはないので使用中の故障リスクも減ります。

いまはもっぱらAmazonフォトとGoogleフォトに全写真素材を転送すべく古いHDDを接続して24時間アップロード作業させてます。自宅のHDDよりAmazonやGoogleのクラウドの方が1000倍安全ですからね!(個人の感想です)

以上、仕事部屋からお送りしました!

(738文字)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr