いまや電源のあるカフェはたくさんあります。ノマドワーカーが電源を求めてカフェをはしごみたいな風景はよくありますが、ノートブックはバッテリーだけで使うべきです!その理由は3つあります。

(1)バッテリー持続時間で仕事終わらせたほうが気持ちいいじゃん!

電源があるということはいつまでもノートブックで作業できることを意味し、これがあなたの作業効率を悪くさせます。あとバッテリーが30分しかない!でも原稿を3000文字書いて編集者に送らなければいけない!そういうアポロ13的な緊張感の方が仕事進むに決まってるじゃないですか!電源とかつないじゃうからTwitter見たりfacebookでどうでもいい人に義理でいいね!押したりしちゃうんですよ。

(2)バッテリーは使いきって充電したほうがバッテリーにいいじゃん!

いつも電源につないでノートパソコン使っているとバッテリーによくないってばっちゃが言ってた!かどうかは知りませんが、満充電のまま使うより毎日バッテリーを使いきって充電したほうがスカッと爽やかじゃないですか!そもそも最近のノートブックは軽く5時間とか7時間持つわけで1日の労働時間をカバーできちゃうくらい充分じゃないですか?

(3)電源アダプターをカバンに入れると重いじゃん! 

軽いノートブック買った!いえーい!って言うわりに黒くて重いACアダプターとか持ち歩くのダサくないですか?そもそもACアダプターまで軽量化してるメーカーも少ないし無駄にACアダプターからコンセントまでのケーブルが長かったりするし。ノートブック本体だけなら忘れ物も少なくなるしいいことだらけです!

というわけで、そろそろ忍者MacBookPROのバッテリーが空になってきたので昼ごはんにします!
最近イケダハヤト氏の本を読んでいるので少し芸風の違う文体でお送りしました!

(806文字) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr