市ヶ谷の文教堂は開口部が狭いのに入ると奥に広い!しかも受験関係の本がめっちゃ充実してる!スゴい!

それはさておきスキレットやココットを使っておうちバル化計画を進めるヒマナイヌ川井です!

探してるレシピ本はまず判型が小さいこと!そして写真がキレイなこと!レシピの文体がわかりやすいこと!この3点が条件です。

たいていの料理本は判型が大きすぎる!

15分ほど物色して選んだベスト4冊がこちらです!


え?3冊しかないって?

そうですね。でもこれから説明しますよ!

おうちでバル【BAR】―欧風的立ち飲み屋さんのタパス99 (池田書店の料理新書シリーズ)

まずはタイトルもズバリなこの本!判型が小さい!カワイイ!iPhone6大くらいの大きさです。全部見開きが1メニューなのが見やすい!


これはシャレオツ!まるで旅行ガイドみたいな感じ!この本はレシピってよりカタログなんですがユニークです!そもそもアヒージョは作り方が共通というのもあり材料と美味しそうな写真だけ!という割り切り方!

こんな感じです!
面白いでしょ?気に入りました!


この本はレシピもあるし所々に基礎講座みたいのもあって料理初心者には楽しい!心強い教科書という感じです!


そうそう!サラダ本も買っておこうと選んだのがこの1冊!どこにでも売ってる食材でサッと作れるメニューが多くていい感じ!他の本は夜のメニューっぽい写真のテイストだけどこれは朝っぽい感じです。

さー!作りたいものをコータとめくりながらポストイットして毎朝、毎晩作っていくぞー!

以上、市ヶ谷からお送りしました!

(934文字)