昨年までうちのソファをL字型のもので座るとテレビを見るようなスタイルでした。


というのはL字ソファというのは対面を前提にしてないんですね。座るとんなが同じ向きに視線が誘導される。

今年に入って思い切ってこのL字ソファをやめて対面型のファミレススタイルのソファに変えてみたんです。

電車型ともいいますかね?

そうしたら座ると対面に誰か家族がいますからすごく自然に会話が生まれるようになりました!

この場合、テレビは横を見る感じになるので主役から脇役になったわけです。

この視線の動線リニューアルはすごくいい!我が家にとってかなり画期的な、そして本質的なインテリアの変革になりました!

ソファなのにイスみたいな感じで動かせるので楽しいです!

あとはこの机をリニューアルするつもり!まだまだサイズや高さで悩んでます。

食事も仕事もコミュニケーションもしやすいサイズと質感を持った家族の中心に10年は据えられるであろうテーブルは時間をかけてじっくり選ぶのです。

以上、リビングからお送りしました!

(448文字)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr