よく古い昭和の映画を見ていると3発エンジンの飛行機が出てきますよね!尾翼がエンジンの上に乗ってるやつ!

エンジンみたいな重いものが客先の上にあるってどんな振動や音がするのか気になりますよね!正確にはエンジン本体というかダクトなわけですけど。

これは古本屋で買った1975年版「世界の飛行機」というムックの構造図特集にあった1枚なんだけどすげぇうるさそうに見えます。


自分が初めて飛行機乗ったのはもうジャンボジェットの時代だったんで3発ジェットは体験したことないんですが構造図を見ながら爆音を想像するのも面白いものです。

以上、世界の飛行機からお送りしました!

(269文字)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr