スピーカーがある場合にアンプだけ買おうとするとすげぇデカくて高いフルコンポサイズの横幅のアンプばかりになるんですが見つけました!

デザインもよくて質感も高くてリーズナブルなミニコンポ幅の単体アンプ!


これは型遅れなので3万ちょいと安いのですが最新のAI-301DAは4.3万でBluetooth内蔵です。Bluetoothアダプターはコアキシャル入力があるから5000円のYAMAHAを買い足しても安いな!という判断で旧型の新品をAmazonで買いました。


上から見ると正方形で黒いのでシルバーでも引き締まって見えます。 


本体の大きさはフォトフレームになったG4 iMacと比べるとこんな感じ。フットプリントは似てますね。(215(W) x 61(H)x 258(D)mm) 


入力は5系統でハイレゾ対応のUSB、コアキシャル、オプティカル、RCAのラインが2系統です。本体のソースボタンで順に選べます。出力は最大40W☓40Wです。仕様書はこちら

右はボリュームノブとフルサイズのヘッドフォン端子だけというシンプルさ!

リモコンはカードタイプでソースがダイレクトに選べて便利です。下部分にはシリーズのCDプレーヤーのボタンもあります。

これボタン電池かと思いきや単四が1本というリモコンで下側が出っ張ってます。意外とホールドしやすく存在感があるから悪くないかも!