引用元

この追悼ライトアップは事件の翌日に行われたが誰がどのように企画立案しネゴシエーションをして敏速に世界各地でオペレーションされたのだろう?

このような動きを広告代理店なしに各国の自発的な想いだけで行えるのだろうか?

東京スカイツリーのように常設で色彩をコントロール出来る照明設備なら対応も早いだろうがそうではない場所では手配もクオリティコントロールも大変なのではないか?

911の時や311の時にはこのような各国の名所を当事国の国旗色にライトアップして追悼するという手法はなかったような気がする。

これから先進国で何か起こるたびにこのライトアップやるのだろうか?

あまりに大規模で敏速な先進国の連携に少し気味が悪くなるのは私だけだろうか?

誰が来る前に筆を下ろそう。

(352文字)