挑発的なタイトルでアクセスを稼ごうという魂胆がミエミエですか?

いや、これ素朴な疑問なんです。

人のネットワークは人それぞれにスケールが違いますよね?

家族、友人、仕事相手、知人、他人の5分類が大きく出来ると思います。

家族と仕事相手は誰でもいますよね?仕事相手というのは職種によって違いますから毎回同じ場合と違う場合があると思います。

友人と知人、ここがソーシャルメディア的に面白いところです。

友人と他人しか区分けがない人もいるでしょうし僕のようにやたらと知人が多く他人を知人にすることに抵抗がない人もいます。

友人と知人の線をどこで引くか?というのも人それぞれで、困った時にお金貸して!と言える人が友人でしょうか?(違っ!)

ソーシャルメディアって他人を知人にするのに優れたツールだと思うんですね。

それはfacebookでもインスタグラムでもVINEでも同じなんじゃないかな?

よく投稿見る!みたいなネット上の知人を増やすみたいな。

一方的な関係も多いけど新聞に載ってる人、テレビに出てる人、ソーシャルでよく見る人、みたいな3分類は成り立つんじゃないでしょうか?

このブログをはじめて半年経つんですがTwitterのフォロアーさんは200人くらい、facebookの友達やフォロアーさんも1000人くらい増えました。

Twitterは2007年、facebookは2010年くらいから始めていたからネットワークが硬直化してたんです。ほら、人は慣れるとそのネットワークが居心地よくなってそれ以上拡張しなくなるでしょ?

でもブログはじめたら今までまったく縁もゆかりもなかった人も興味持って友達申請とかしてくれるので、プロフと写真見て、最近の投稿とかが変なセミナーや1億円稼ぐブログ術とかじゃなければ全部受け入れてます。

そうするとウォールやタイムラインがめっちゃ社会に似てくるんですよ。

自分と仕事も職種も地域も共通点ない人が多くなりますから。ダイバーシティってやつですかね、今時の言葉で言うと。

だから僕のタイムラインやウォールは賑やかでどこかのスクランブル交差点をボォーっと眺めてるようで楽しいです。

もしあなたが自分が使ってるソーシャルメディアを退屈に感じはじめたら、それは自分のネットワークか窮屈になってきたってことだと思います。

そんな時は少し友達の基準を緩やかにして新しい人と繋がってみてはどうでしょうか?

以上、3331からお送りしました。

(1031文字)←ちょっと朝の読み物としては長かったね
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr