PRONEWS編集部から新しいミッションが飛んできましたよ!!飛ばないドローンを飛ばして来い!と。

くぅーーーーー!自撮り棒で擬似空撮といえば俺じゃないですか!俺!

前にiVIS mini Xと自撮り棒で絶対落ちないドローンを駅前で飛ばしてきた!とかブログに書いたらえらい反響になったことがありますよ!

どこのドローンですか?とか質問殺到したし!自撮り棒だっちゅーの!

そこで早速編集部から借りたOSMOを養生テープでぐるぐる巻きにし愛用の自撮り棒を装着!

ドローンでも絶対に撮れない風景とは何か?と考えた時、それは群衆の頭上である!という結論に達しましたよ!

人がうじゃうじゃいるところを悠々と飛ぶドローン映像!これが擬似空撮の醍醐味!!!

ドローンってのは実物見たことがある人はわかると思うんだけど結構プロペラ音がするんです。構造的には小さなヘリコプターですからね。

それに対して自撮り棒で撮ってるとその先にOSMOがついてようがiPhoneがついてようがあんまり変わりません。あ、観光客が自撮りしてるんだなくらいの印象です。静かだし。ってか音しないし!

この状況こそドローンなしジンバル一体型4KカメラOSMOの真骨頂だと思うわけです!!!

というわけで浅草は仲見世に行ってきました!本当に空撮っぽく撮れたのか??気になる続きはPRONEWSで!

以上、浅草からお送りしました!

(615文字)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr