Amazonプライムビデオに吉永小百合主演の青春映画「大空に乾杯」があったので見てみました。

この昭和の香りプンプンのタイトルはそのイメージ通りの青春映画で今も昔もスチュワーデスものはこうでなくちゃ!という展開です。

恒例の映像考古学ではストーリーや演出はさておきロケーションシーンに注目してご紹介しましょう。

この映画の最大の見所は当時の全日空が全面協力した飛行機のシーンです。

羽田周りのロケも多く羽田ファンには見所の多い映画になっています。しかもカラーのシネスコです!

そして登場する機体は1966年当時の航空会社の主力機材であるボーイング727です!

尾翼に3発のエンジンを搭載した独特なスタイル!よど号ハイジャック事件などもこの機体だったので記憶にある人も多いのではないでしょうか?

タイトルバックも727です。
image

エンジンのアップ
image

正面のアップ
image

離陸シーン、着陸シーンはとても長いカットが複数あります! 60年代の全日空塗装が味わい深いですね!
image

スチュワーデスが乗り込む長いドリーショットもあります!タラップがたまりません!
image

羽田空港には他の飛行機も止まっており楽しめます!
image

伊丹空港も出てきます!
image

とにかく10分に1回はボーイング727が出てくるというファンには夢のような映画!

727に乾杯です!

以上、Amazonプライムビデオからお送りしました!

(624文字)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr