久々のリドリー・スコットによるSF!と期待したプロメテウスがまさかの空振り。でもこのインターステラーとキャストかぶり気味の最新SF大作「オデッセイ」は面白そう!!

火星で事故って死んだと思われた宇宙飛行士が生きていたものの通信手段もなく4年後に飛んで来る次の探査船に拾ってもらうべく火星で自給自足しようと奮闘する火星版ロビンソン・クルーソーみたいな話らしいです!

このチラシの裏にあるあらすじだけで導入からエンディングまでネタバレじゃないですか。だからどう孤軍奮闘するか?が最大の見せ場なわけで、演出力が問われますね!すごいワクワクします!

予告編を見ると火星の黒い砂嵐とか新しい表現がたくさんあって絵で見せるリドリー・スコットの真骨頂という感じがビンビン伝わってきます!アメリカではこの10月に公開され大ヒット中!でも日本は来年の2月に公開だって!ええ〜、スターウォーズのあとかよ。。

3分のこの予告を見ながら首を長くして待ちましょう!