35mmシネスコで記録された毎日ニュースから貴重な昭和のアーカイブをご紹介します。

これは1964年の東京オリンピックの2ヶ月前にあたる8月に首都高速1号線がオープンしたことを伝えるニュース映画。

開会式で五輪を描くブルーインパルスがリハーサルしている様子も含まれています!

では主要なカットを見てみましょう!

弁慶橋の立体交差の空撮です。ここはクレージーキャッツの「大冒険」でも出てきます。

羽田空港線から羽田モノレールを並走して写しています。まだ2両編成でブルーの車体だった頃ですね!まるで空を飛んでるように見えます。

真新しい首都高を走るクルマもまだ少ないようです。

お堀の上の高速道路というナレーションで紹介されます。

地下の首都高の分岐部分です。タルコフスキーの「惑星ソラリス」に未来都市として出てきたのもこのあたりでしょうか?

千駄ヶ谷駅と今はなき国立競技場ですね!フットサルコートもまだプールだった頃です。加山雄三の若大将シリーズでこのあたりよく出てきます。

珍しいブルーインパルスの練習風景。ナレーションでは自衛隊のジェット戦闘機と解説されています。

あの本番にむけリハーサルしているところです。

銀座のネオンも東京オリンピックモードですね!このネオンのあたりは「007は二度死ぬ」でも出てきましたね!

では動画で見たい方はこちらをどうぞ!1分14秒です。
(568文字)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr