テレビのゴールデンタイムで月曜、水曜、金曜、日曜は全部映画やってた頃があるんです!そんな昭和のテレビで育った洋画劇場ファンにとってはスティーブマックィーンは欠かせないスターだったと言えます。

「大脱走」「ブリット」「華麗なる賭け」「ゲッタウェイ」「タワーリング・インフェルノ」などなど。そしてレーサーでもあった彼が私費をなげうってまで作ったのが「栄光のル・マン」です。

これ映画としてはストーリーがあるようなないような中途半端さがあるんだけど、ル・マンのセミドキュメンタリーとして見ると俄然面白いというマニアックな大作なんです。この映画の舞台裏にまつわるドキュメンタリーが新作として公開されているらしいんです!

深夜にぼんやりAppleTVを見ていたらこれの予告編に出会い目が覚めました!!

くぅ〜〜〜〜!かっけぇええ!!!日本で公開されるのかわかりませんけどこれは見てみたいですねぇ〜!!では2分の予告編をどうぞ!


このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr