(FZ1000の400mmで撮影)

子どもが親の前で見せる表情と友達に見せる表情は違う。

友達と打ち解けてる状況に親が居合わせるのは珍しい。

これは学校のサマースクールのようなイベントでクラスメートとおどけるコータの表情をFZ1000で入り口から連写した1コマだ。家庭科室だったのでうしろの白い箱はミシンだ。

スマホのカメラが進化した昨今、わざわざ別にカメラを持ち運ぶ理由は何か?

レンズのボケ味や美しさか?それもあるだろうが、子育て写真においては望遠性能だと私は思う。

カメラの存在を本人が意識してない時の表情を切り取れる。それはファインダーを覗く親にとっての新しい発見でもある。

もしあなたのカメラが遠くでイキイキとした表情を見せる子どもの顔に寄れないなら買い換えることをオススメする。

(317文字)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr