Amazonから3本届きました!

高度成長期前の1955年に浅草や月島をカラーのシネスコでロケしている「東京暗黒街」。これは未見なので楽しみです。

トヨタ2000GTがボンドカーとして登場し当時開通したばかりのピカピカの丸ノ内線に乗るジェームズボンドが見られる「007は二度死ぬ」。案内するのは丹波哲郎。霊界は出てきません。

日本人に変装したボンドが結婚式を挙げるという珍妙なシーンもあり最高です!

富士山麓のロケット秘密基地では忍者もでてきます。当時の西洋人の日本感が正しく反映されておりオースティンパワーズもびっくりです!

ロケ地のルートはなんとなくこの前のウルヴァリンっぽいというか東京と地方のバランスが似ています。やっぱり外国人は瀬戸内みたいな風景にエキゾチックさを感じるんでしょうね!

「ザ・ヤクザ」と入れようとしたら坐薬だと変換されてガクッときたんですが、これも未見なので楽しみです。ロバートミッチャムはテレビシリーズの「戦争の嵐」ではじめて認識した俳優だったかな。1980年代のテレビ洋画劇場の全盛期ではだいたい1970年代の映画やってましたもんね。

そんなわけでパッケージ化されてる映画のロケ地はだいたい解明されてるのでリサーチが超楽なんですがhimagにアーカイブとしてまとめておくことが大切!

時間のあるときにゆっくりニヤニヤしながら見ようと思います。

(745文字)