小倉に来てるんです。珍しく4泊もするんでいろいろ見て回ってるんですが、いい街ですねぇー、小倉!

すごく好きになりました。尾道とか広島とか高松も好きですね。自分が好きな街に共通するのは何かな?と考えていたんですが、

川があって、路地があって、ゆっくり走る交通機関があることかな?と思いました。

小倉も川が流れてて路地があってモノレールがのんびり走ってる。モノレールがあると街中からレールが見えるから方向感覚がつかみやすいんです。

これが路面電車の街もいいですよね。函館とかもよかった。尾道は電車と自転車に船があるんですね。速度が違う乗り物がいろいろ走ってる街は楽しいです。

小倉はスケール感がいい。大きすぎず小さすぎず半日いれば把握できる。

商店街はちゃんと人通りがあるし路地も元気!何より個人商店が頑張ってるのがいい!チェーン店ばかりの商店街ってつまらないじゃないですか。

市場もいいですね。旦過市場(たんがいちば)は川にはみ出てるんです。なぜか。ヴェネチアみたいに。それちょっと褒めすぎ。

中は完全に昭和!アーケードみたいになってるんですが登りがいっぱい立っていて看板は完全に昭和30年代。ここに小さなおでん屋がある。AMラジオがかかっていて王貞治さんの来店した写真とか貼ってあってね。

小倉はおでん屋多いですね。夏でもやってる。屋台っぽく外でやってる店もある。それでみんな街の中で飲んでる。

小倉は街全体に言えるんだけど歩いてる人が多様!なんかすべての世代がいつも歩いてる感じがする。それが心地いい。

東京だともう場所でクラスタが決まってるじゃないですか。丸の内、恵比寿、巣鴨、新橋とか聞くだけでどんな世代のどんな格好の人が歩いてるかイメージできる。

小倉もエリアがあるんだろうけど、どこへ行っても古くからの店の横に新しく出来た洒落た店もあったりしていい感じのバランス感覚です。

映画館も元気でした。昭和館という東京で言うと新文芸座か早稲田松竹みたいな名画座があって、ちゃんと終戦特集とか組んで栗原小巻とか呼んでトークショーやってたりする。ゲイ専門の2本立て映画館もありました。

 ストリップなどの猥雑な店もある。ストリップ劇場の隣が立ち飲み屋だったりして、ちょっと大阪の通天閣のあたりを彷彿とさせる感じ。

小倉はとっても人間くさくて、街の音が耳に心地よいです。

何かの機会があればゆっくり歩いてみてください。

機内誌の旅行コラムっぽく書こうとしたらビール飲んでるうちに酔っ払ってきたので終わりにします。

以上、小倉のアイリッシュバーからお送りしました!

(1096文字)