5000円で買えるスマホ連携の活動量計MISFIT FLASHを使い始めて半月になります。

これまで特にこのジャンルの商品に興味があったわけではないんですがダイエットしてるタイミングにぴったりはまった感じです。

防水でボタン電池は4カ月交換不要。ただのセンサーなので操作も必要ありません。スマホのアプリを起動するだけでBluetoothでデータが転送されます。

MISFIT FLASHは自分で目標設定の数値を決めてそれに1日の活動量が達するか?というのが基本になっています。

全MISFITユーザーの1日平均は700ぐらいなので1000ぐらいを目標にするのが最初のステップでふ。この1000というのは走るなら5キロ歩くなら8キロくらいで達成できます。

毎日自分の活動量を見ながらはじめた新しいしゅうが3つあるので紹介します。

その1
近距離移動の自転車をやめた。

徒歩がもっとも健康にいいことが実感できました。特に15分くらいの徒歩が1日の中に3回くらいあるのがいいです。だから自宅から駅の自転車はやめて15分くらい歩くことにしました。行き帰りで30分です。

その2
活動量計を足首に24時間つける。

近距離移動の自転車はやめる代わりに長距離の自転車通勤をはじめました。高円寺から秋葉原まで約50分です。往復で100分25キロ。自転車は下半身の運動なので手首につけてもダメです。足首につけて計測します。

日常も足首につけておけば腕時計も好きなものがつけられます。シャワーするときも寝るときも1度もはずしません。これにより睡眠時間も自動で計測してくれます。

その3
朝のジョギングをはじめた。

ソーシャル連携していると知人とのランキング競争の画面があります。大抵の人は仕事終わりに運動するので朝はスコアが低い人が多いんです。朝5キロ30分くらいのジョギングをすると一気に700くらいになるのでトップに躍り出ます。気持ちいいです。

このように活動量計は自分が普段の生活でいかに歩いていないか?カロリーを消費していないか?を視覚化して見せてくれます。40すぎると代謝も落ちてくるので取り入れてるカロリーが高すぎるとメタボになるのは当然なわけです。

何もしないでも代謝してた20代、30代とそれ以降はまったく違いますから健康のためには食べる量を減らし運動量をあげるしかないわけです。運動量を上げるいちばん簡単な方法が歩くことです。

早足で大股にスタスタ歩く!

これだけならお金もかからないしそんなに無理しなくていいでしょ?

首筋や肩周りに変な脂肪がつきはじめた人は活動量計買ってスマホと連携させながら生活習慣を変えてみてください!

一緒に競争しましょう!

(1066文字)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr