顔がピンク色ですが酔っ払ってるわけではありません。吉田さん好みのVJチックなライディングでこうなりました。

ローランドの内覧会でLiveNinja的な注目はやっぱり映像スイッチャーのV-1200HDです!


飯田さんのソフトな美声でプレゼンを聞いてきました。


V-1200HDは本体とコントロールパネルがセパレートのスイッチャーで、そのためにコントロールパネルはスマートなデザインになってます。操作部だけと思いきやツイン液晶画面でメニューやマルチビューが見られるのもいいですね!


この本体に付属してくるコントロールパネルが以外にパソコンやタブレットなどをネットワーク接続すれば合計で4台までコンパネとして使えるそうです。

同時に別の作業を出来るのがいいですね。スイッチングとタイトルやミキシングなどを別の人がオペレートすることが出来ます。


4Kにも対応してるので将来性もバッチリ!東京オリンピックまで現役で使えそうですね!


4台までのネットワークカメラのコントロール機能も入っています。LiveNinja的にはこうしたカメラ系の遠隔操作がスイッチャーから出来るのは気になるところ。


実機はこんな感じ。コントロールパネルは厚みがなくこれまでイベント現場で見ることの多かったのV-800などに比べてスリムな印象です。


少しスラントして上面には液晶タッチディスプレイが2面あります。


右を映像系の入力切替パネルにして、


左をオーディオミキサーにするなんてのも可能です。

そうそう!これ映像スイッチャーに見えるけどオーディオミキサーも内蔵されてます。特にXLRを使った音だけではなくHD-SDIやHDMIのカメラ音声もすべてオーディオミキサーに回せるから便利です。

間違いなく現時点でローランドの全部入りスイッチャーですね。発売は秋だそうです。楽しみ!

と言っても200万クラスなのでイベント運営会社や機材レンタル屋さんが主要なターゲットとなりますけど、LiveNinja的には大規模なイベントでレンタルして使ってみたいですね。

テレビ番組的な内容ならトライキャスター、イベントで映像だしも兼ねたマルチフォーマットならローランドという感じですね!

興味ある人はこちらから詳細をチェックしてみて下さい。

以上、神田のローランドからお送りしました。

(916文字)


このエントリーをはてなブックマークに追加