今週はテスト的に2日ほど3時に帰り、学童をスルーして小学校から帰ってくるコータを迎えてみたんです。

いやー!長い!3時から子どもが寝るまでの9時までって6時間あるわけですよ。これ、いろんなこと出来ますね。

もはやノリは土曜日です!

晴れていたら庭にキャンプテーブルなんか出しておくんです。それで帰ってくる頃に大工道具入れなんか広げてね、釘の選別とかしてみるわけです。そこにコータが帰ってくる。おかえり!ただいま!パパ何やってるの?ってなるわけです。

釘を分類してるんだよ!手伝ってくれる?

なんて言うと、うん!やるやる!とランドセルを放り出して夢中になってくれます。可愛いですね、まだ。これが1つめのイベント。なんか黙々と共同で作業するってのは父親とのいい思い出になります。ママの夕ご飯のお手伝いをするような感じかな?それのパパ版みたいな。


そんで落ち着いたらシート広げてAndroidやります。これが第2のイベント。ゲーム好きなんで自分でダウンロードして遊んでるんだけど面白くなかったら「つまらない」フォルダーに入れといてと言ってあります。ここを覗くのが面白い。

Android端末はパパの持ち物なので貸してもらっているという程になってます。これ割と大切でパパがいる日はゲームやらせてもらえることになります。週に2日くらいだからちょうといい感じ。PlayStoreはカード連携とかしてないので無料ゲームで遊ぶことになります。操作を見てると英語の広告バナーとかも巧みに避けて遊べるようになってます。


夕方になったら自転車で外出します。これが第3のイベント。後ろに乗せて高円寺のふくろうカフェに行くことにしました。ここからはAndroidなし、いわば父子のコミュニケーションの時間です。

パパはママと違って家で遊ぶのではなくなるべく街に出かけます。

うちの場合外の世界とのつながりを見せるのがパパの役割です。そのために多様性に満ちた高円寺という街を子育てのために選んだくらいなので。

初めて入るふくろうカフェで店長に質問するパパというのも見せます。その時は静かでもあとで一緒に風呂に入ると店長が話してくれた話ちゃんと覚えてるんですね。子どもはよく聞いてます。


それから公園で遊んで商店街を自転車を押して歩いていると今日オープンのイタリア酒場が500円で食べ放題やってたので入ろうぜ!となり食べまくります。となりの席では近くの飲食店の店長同士があれこれ話していて会話も多様でいい感じです。


お腹もいっぱいになったので髪の毛でも切りに行くか?うん!となり高円寺から野方へ自転車で移動。

パパの自転車では高円寺、中野、都立家政、野方を自由に移動します。面倒くさがらずにサッと移動してみせるんです。あ、距離的に近いんだ!ってことが記憶に刻まれます。

商店街の1100円カットで10分ほど散髪です。


ちょっとスッキリして野方の商店街をぼちぼち行くとお気に入りスポットの笑い地蔵があるのでお参りしていきます。


こうしていい感じで日が暮れて家に帰ってもまだ7時!宿題して戦いごっこしてナノブロックして風呂入って本読んで9時に寝ます。このあたりが第4のイベントです。

学校の授業の単位で言うと家に帰ってから4コマくらい社会科の授業してる感じです。

おそらく6才の脳としては放課後だけなんだけど土曜日の1日分くらいの密度に感じてるハズです。

平日だからいつもと同じパターンではなく、すべて思いつきで行動していく!(ように見せてる)

寄り道や道草をどんどんしてその結果面白いことが起こる!(起こらない日も勿論あるんだけど)

3時に子どもの帰宅を待ち構えてやれるとそこからの6時間ですごく面白いこと出来る!と思いました。

自転車の改造が終わったらロングツーリングして父子で初夏らしい思い出も作っていきたいと思ってます。

(1661文字)


このエントリーをはてなブックマークに追加