液晶なし、通話機能なし、純粋に位置情報だけを発信し続けるwillgpsはガラケーサイズのコンパクトな追跡GPSデバイスです。

平日はランドセルにヒョイと入れて子どもの位置をパパやママのスマホから確認していますが、学校などの地図をさすがにブログにシェアするわけにもいかないので休日の行動で記事を書いてみます!

willgpsのアプリはそっけないほどの作りなんですが、軌跡のデータは日付ごとに保存されてあとから見ることが出来ます。



土曜日の運動会の代休でしかも映画の日だったので、コータ(6才)と映画に行くことにしました。

中央線で新宿に行き天気がいいから地下ではなくアルタ口から出て百花園の道をまっすぐ行き靖国通りを渡って歌舞伎町のゴジラ映画館に行きました。



歌舞伎町でロボットレストランしか文字が表示されてないのどーよというのはさておき。

軌跡の色が変わってるのは時間が30分以上開いたからです。色自体には意味がなく、ランダムに割り振られるようです。

映画を見てる間などカバンがまったく動かなくなると端末はスリープに入って電力を節約します。ジャイロセンサーが入っているので振動が加わるとスリープから復帰します。



このスリープに入る、戻るは登録したメールアドレスにレポートが届きます。端末の電圧が低下した場合もメールが来るので充電する目安になります。

動きによって電池の持ちはだいぶ変わるのですが、2日に1度は充電した方が安心という感じです。やっぱり充電をケチって肝心の時に動作してなかったら意味ないですからね。


メイズランナー字幕版を一緒に見てビルの下にあるバルでお茶しました。



こんなにここでは動き回っていないんですが、ビルが多いとGPSのズレも大きい感じてすね。(訂正:これPHSの基地局が混ざって表示されてズレていたようです!GPSだけならほぼ現実の位置でした)

そのあとは中野に移動してスイミングに行かせて帰りは高円寺まで一緒に歩きました。途中のレトロな公園でのんびり砂遊び。


公園の中をチョロチョロしてる様子も軌跡で残ってます。なんかカワイイ。。



散歩がてら歩いたので、気ままに路地を曲がったりお店の看板を見たり線路沿いに咲いてる花を見つけたりしてたら軌跡はこんな風にギザギザになりました。



willgpsが位置情報を取得するのは1分ごと、それを蓄積して5分ごとにサーバーに報告してきます。

だから、1分の点と点の間は予測して線を繋いでいるので実際とは異なることもあります。でも精度としては充分!

小学校って特別な理由なくスマホを持ち込むことを禁じてるところが多いと思います。

この端末がいいのは、本体は音もしないし振動も出さない石ころのようなモノということです。

ボタンを長押しすると緊急通知として位置情報を登録メールアドレスに即時送るという機能もあります。

月額1980円の利用料を安いととるか高いととるかは意見が分かれるところですが、僕は気に入ってます。

無料で2ヶ月ほどモニター出来るので興味ある人はここから見に行って下さい。ただ、セコムとかキャリアのキッズ端末サイトと違ってハードコアなGPSビーコンなのでサイトは超不親切でスペック用語の羅列です。たぶん僕のブログの方がわかりますいです(爆)

以上、子どもの安全研究室からお送りしました。

(1369文字)