うちのコータの場合、嫁の実家が奄美という事もあり飛行機には乳児の時から乗せていたので楽でした。

海外は3才がはじめてだったんですが、この年齢だと、まだトイレが危うかったり体力的にも長くは歩けないので、そうとう行動半径は小さいです。だからものすごいスローペースの旅になります。

ベビーカーにギリギリ乗せられるので、旅先で借りるといいかもしれませんが、本人はもうベビーカーを卒業したつもりだったりするのでややこしいわけです。

子どもと旅するなら幼稚園の年長にあたる5才と6才がオススメです!
(個人の感想です)

この時期は言葉もしっかりしてるし、トイレも自分で出来ます。体力もついてきていて、ある程度の距離を歩けるのでペースさえ考えれば大人と一緒にツアーの旅行にも参加できます。

ツアーの場合はバスに乗って降りて観光、バスに乗ってを繰り返しますから疲れたらバスのなかで1回休みすればいいのです。

言葉がしっかりしてるこの時期だと、体験を自分の言葉で記憶できます。絵日記なんかも書けるので道中も楽しくなります。

コータとは5才の時にカンボジアのアンコールワットへ父子で行ってきました。このツアーは高低差のある遺跡を歩くのでで、わりとハードだったのですが、事前にトゥームレイダーなんかも見せていたこともあり、冒険気分で楽しくついてきてくれました。



今でも写真や動画を見ながらあそこがこうだったね!ガイドのチンさんがこんなこと話してたね!あそこで食べたごはん美味しかったね!と盛り上がります。

かわいい子には旅をさせろ。
小さい時は一緒にね!

以上、海外旅行は5才からがオススメというお話でした。

(707文字)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr