液晶も画面もいらない!スマホのような機能もいらない!子どものランドセルに仕込んで、どこにいるかだけ親が検索できるスパイビーコン(勝手に命名)はないものか?

そこでたどり着いたのが追跡GPS!スペックや専門用語だけが並んだ無骨なウェブにパパは親近感を感じました。

きっとママはこのページにたどり着くまい!こんなハードコアなガジェットはパパがテストするしかない!

そんな使命感にかられ(謎)、無料モニターキャンペーンをやってたのでクレジットカード番号を人質に端末(RT1050)を借りてみました。届いた初日のレポートを早速お送りします!


スペック表に重さが出ていなけど、ガラケーくらいの重さです。大きさはタバコ一箱分くらいでしょうか?(昭和な例えすぎる?)



まず、準備する部分から!

3時間充電で1週間使える(らしい)

これが本当ならありがたいスペック!月曜から金曜までランドセルに入れっぱなしにして週末に充電すればいいわけですからね!充電はミニUSBでアダプターとケーブルもついてきます。

端末内に通信機能が内蔵されている

月々の使用料がかかりますが、今はモニター期間なので無料!正式なユーザーになると月額2980円かかります。ちなみにこどもセコムは位置情報を60回呼び出せるコースで月額2900円です。

GPSの記録は1分ごと、通信は5分ごと

ここ重要なところです。この端末はGPSを捕捉できない場合はケータイの基地局から位置を割り出して記録します。つまり屋外でも屋内でも地下鉄でも位置情報は1分ごとに記録されます。

これを端末内に蓄積して5分に1回サーバーに送信するわけです。その通信に失敗すると次に送るタイミングまでデータを保持します。

端末にはジャイロセンサーが搭載されているので動かなくなるとスリープします。振動や動きがあるとすぐに復帰します。バッテリーもセーブされて頼もしいですね。

フル充電した端末をバックパックに無造作に放り込んで1日仕事してみました!

iPhoneアプリで現在地をモニターする



そして、この端末がどこにいるか?をモニターするのはiPhoneアプリです。パソコンのブラウザでも出来ます。アプリの画面はこんな感じです。



新宿から中央線で神田に行き銀座線に乗り換え末広町で降りて3331で機材をピックアップしタクシーで赤坂に行った時の軌跡です。



これは中野駅で乗り換えた時ですが、神田駅で乗り換えやすいホーム後ろで電車を待っていたことがわかります。1分ごとの記録タイミングによりますがかなりの精度です。GPSが捕捉できていれば誤差は3m以内とのこと。

子どもの位置をトラッキングするには充分と言えます。

アプリは複数台のiPhoneにインストール可能でログイン名とパスワードがあれば家族や祖父母にも見守ってもらえます。

アプリは画面の左下にある丸いボタンで端末の位置をリアルタイム検索します。三角形は使ってるiPhone自身の位置を表示します。

表示された位置は端末に記録されたポイントごとに矢印で遡ることが出来るのでルートも確認できます。

つけてる側は何も意識しなくていい。

音も振動もしないので学校に持っていっても安心。

見守る方のアプリの操作も簡単。

というのが初日の感想です。明日もパパがつけて各種動作を確認して週明けから子どものランドセルに実装してみようと思います。

以上、子どもの安全研究室からお送りしました。

(1236文字)