ボーイング787乗ったことあります?

ドリームライナーという愛称もあり機体の多くの部分を日本企業が作っているという最新型の飛行機です。


バッテリーがトラブルとか導入時はいろいろネガティヴな話題もありましたが最近は安定してるのかな?

インドに行く時に初めて乗りました!


ボーイング787を見分けるポイントはこの生クリームの絞り口みたいなエンジンカウルかな?と思ったんですがあとで調べると他の機種にも採用されてるみたい。。


顔の部分の窓が4枚なのでちょっと特徴的ですかね?とは言ってもふつう、飛行機ってどれがなんだか、マニアでもなければわからないですよね。

でもボーイング787は乗ってみるとどんなに飛行機に興味ない人もわかる違いがあるんです!それが窓です!


ほら!縦にすごく長い!

だから子どもでもちゃんと座ったまま外が見える。そしてシェードがない!

他の飛行機だと上から引っ張り出してくるシェード(日除け)がありますよね?

ボーイング787はそれがありません。で、よく、見るとですね、何かボタンがついている。


この写真でわかりますかね?

ボタンは白とグレーになっていて、上半分の白い部分を押すと窓が透明に、下半分のグレーの部分を押すと電気的に窓の色が暗くなってくるんです!!

なんたるハイテク!かっちょいい!


これが透明な状態。


これが濃さを最大にした状態。

自分で自由に出来る時間もあり、パイロット側でロックして全体を自動で濃くする場合もあります。夜間飛行とか、夜の着陸とかですね。

でも完全に暗くなってもうっすら外の景色が見えるのがいい!

こういうことろが進化するのって面白いですね!

そういえば東京の電車の山手線とか中央線もいつのまにかシェードなくなりましたよね?対紫外線のガラスが採用されてからは。

あとこれは航空会社によるのかもしれませんがトイレのドアが忍者屋敷みたいでした。二つ折りじゃなくてくるっと回転するみたいなドア。

もしボーイング787乗ったら体験してきて下さいね!

以上、エアインディアのボーイング787からレポートしました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr