東京で大通りにも関わらずビルとビルの間に挟まれて残ってる昭和の商店ってあるじゃないですか? ここの家の人はどんな頑固オヤジだったんだろう?どんなに地価が上がっても譲らない強い理由があったんだろうなぁーとか。いろいろな物語を想像しちゃいますよね?


ここはロッカーとして使用され、建物の中は誰も住んでいないようです。


(写真はすべてFZ1000で撮影)

荒れ放題だからもう取り壊しを待つばかりなのでしょうか?

この通りがこの建物の高さで商店街を形成してた頃に想いを馳せて、新宿1丁目からお送りしました!

(242文字)


このエントリーをはてなブックマークに追加