ニュースアプリはいろいろ使ってるんですか、シェアした時に画面に出る文字列と実際にTwitterに送られる文字列が違ったりしますので、一度並べてみることにしました。

グノシーはハッシュタグ、元ソース名共になしで短縮URLですね。シンプルで見やすいですね。


ニュースハブは区切り線が多くて元ソース名が入ります。ハッシュタグ付きでURLは短縮されないようです。 要素が多すぎてゴチャゴチャですね。


livedoorニュースは元ソース名なしのハッシュタグありでURL短縮なしですね。


スマートニュースは元ソース名なし、日本語ハッシュタグあり、短縮URLですね。

こうして見るとアプリから吐き出すシェアの文字列はグノシーがもっともシンプルでいいかもしれませんね。

そもそもニュースアプリ名のハッシュタグとか要らないですよね。どんなアプリでシェアしたのか?を見せたいアクリゲーターのエゴだと思います。その点はグノシーがユーザーフレンドリー、その他はウザいですね。

でも必ずしも吐き出す文字列がシンプルなニュースアプリが使い勝手もいいか?と言うと悩ましいところ。

これせっかくなら同じニュースで比較やれば良かった!と今思ったけどもう面倒なのでこれで実験終了とします。(ひどっ!)

以上、ニュースアプリ実験室からお送りしました!

(559文字)
このエントリーをはてなブックマークに追加